DSAM-118 - Haruka Manabe


He then put his hands up my dress again and grabbed each side of my panties and started to pull them my thighs. They got to my knees and then just fell to the floor and then he was now playing with my clit and now very wet pussy. I was just about to say again please stop but then I could feel I was starting to cum as he had now inserted two fingers in to me. He then stopped and undid his belt and then the buttons to the waist of his trousers and they in turn proceeded to fall down. He then guided that huge cock of his towards me and I felt it nestling them probing the entrance of my pussy. This time I said ‘no Jim not here please’. But he knew as I did that I didn’t mean it as I felt the tip of his cock slowly enter me for the first time

彼は私のドレスを手に入れて、私のパンティーの両側をつかんで、私の太ももを引き上げ始めました。 彼らは私の膝についた後、床に落ちて、今度は私のクリトリスと、今は非常に濡れた猫で遊んでいました。 私はちょうどもう一度言いたいことをやめようとしていましたが、2本の指を私の中に入れたので、私はザーメンを始めました。 彼はその後停止し、彼のベルトとその後、彼のズボンの腰にボタンをundidし、彼らは順番に転落していきました。 彼は私に向かって彼の巨大なチンポを案内し、私はそれが彼らが私の猫の入り口をプロービングすることを抱かせると感じた。 今回は、「ここにはいけないジムはありません」と言った。 しかし、彼は知っていた私は彼のコックの先端がゆっくりと私に最初に入ることを感じるように私はそれを意味しなかったことを知っていた


IMG

Đăng nhận xét

0 Nhận xét